T セルフレームの一般的な調整方法
セルフレームは専用ヒーターで温めることで柔らかくなり、フィッティングや、変形の修正をすることが出来ます。
※セルフレームと総称で呼んでいますが、現在、プラスチック枠のフレーム素材として、セルロイドのフレームは少なく、大半はアセテートが使われています。
1 ブリッジ部分の調整
@フロント部分の面ねじれを調整する。
調整前。
フロント部分の左右のレンズ面がねじれた状態。
ヒーターに部分的に温めることが出来る器具をつけ、ブリッジ部分を温めて、ねじれを調整します。
※レンズに熱クラックが発生しないように、レンズを外してヒーターで温めます。
左右のねじれを調整した状態。
Aフロント部分の逆ぞりを調整する。
調整前。
フロント部分が反り返っています。
逆ぞりの調整も、ヒーターに部分的に温めることが出来る器具をつけ、ブリッジ部分を温めて調整します。
※レンズに熱クラックが発生しないように、レンズを外してヒーターで温めます。
調整後。
顔に対して適度な角が付いた状態。
Bフロント側面(智の部分、テンプルの広がりに影響)の調整。
調整前。
左の智部分が広がっています。
ヒーターに部分的に温めることが出来る器具をつけ、智の部分を温めて調整します。
※レンズに熱クラックが発生しないように、レンズを外してヒーターで温めます。
調整後。
智部分の広がりを調整したため、
左右のテンプルが同じ広がりになりました。

逆に、智の部分を広げる場合もあります。
2 テンプル部分の調整
@テンプルの抱き付け。
調整前。
左右のテンプルの曲がり方が違います。
左のテンプルが真直ぐになっています。
テンプルの部分を温めて調整します。
調整後。
真直ぐだった左のテンプルに、抱き込みをつけて、左右を揃えました。
A先セル部分の曲げ位置。
耳に合わせて、曲げ位置を調整します。
曲げ位置を手前してみます。
先セル部分を温めて、一度真直ぐに調整します。
曲げたい位置(今回は手前)に、曲げを作ります。実際は、耳の掛かりに合わせて、曲げ位置、角度を調整します。

U 特別な調整方法
 どうしても加熱調整では対応できない場合やレンズに無理をかけたくない場合の応急の調整方法です。
 フレーム選択・購入時には、掛け具合を十分にご確認下さい!
1 テンプル幅を狭くする接着調整

加熱調整では曲げたり、縮める事が出来ない場合の応急処置としての調整方法の一つ。

長所: 『応急的ですが、フレームやレンズに無理を掛ける加熱調整と違い持続性のある調整が可能。』
短所: 『時々取れてしまう事も!(戻すことは可能です)。』『良く見れば跡がわかる。』

テンプルが広がってしまったフレームを調整します。
調整前。
カーブのあるフレームに平らな非球面レンズを入れたため、左右のテンプルが広がっています。
使用する道具。
瞬間接着剤。
プラスチックの版。
白化防止剤
プラスチックの板を、フロントと、テンプルの合わせ部分の大きさにカットします。
接着面に、瞬間接着剤をつけます。
※必ずレンズを外して行います。
カットしてあったプラスチックの板を貼り付けます。
白化防止剤をかけて、一日置いておけば終了。

※瞬間接着剤が乾燥するときに白化現象がおきます。白化防止剤は白化現象により、レンズなどが白く変色するのを防ぎます。瞬間接着剤を使うときはレンズに注意!
左テンプルのみプラ版を接着した状態。
薄いプラスチックの板を接着するだけですが、効果は絶大です。
プラ版を挟んである状態のテンプル。
隙間が見えるので、良く見ればわかります。

加工料金 :  レンズご購入時: 無料
単独依頼時: ¥3,000
加工納期 :  1〜2日

1 テンプル幅を広げるヤスリ掛け調整

加熱しても広げられない構造のセルフレームを調整する場合の方法の一つ。

長所: 『フレーム・レンズに加熱処理に比べ無理がかかりません。』
     (太いセル生地の枠で加熱調整に比べ無理がかかりません。)
短所: 『フレームメーカーではない為、出来栄えの保証は取れません。』『推奨はしていません!』

フレームメーカー・修理専門の業者で実施した場合には綺麗に出来ることもありますが、広がりの幅を完全に指定出来ない為、ご依頼は一切お受けしていません。
『まずはフレームご購入店にてご相談下さい。』

智の部分が厚く加熱しても幅を広げることが出来ないフレームを調整します。
調整前。
テンプルの幅を少し広げてみます。
智の部分が厚くしっかりとしているため、加熱してもテンプル幅を広げることが出来ません。
使用する工具。
プラスチック用のヤスリと、
金属用のヤスリ。
テンプルと、智の合わせ部分を削ることで、テンプル幅を広げていきます。
丁番部分の金属と、プラスチックを、
テンプル側、フロント側、両方とも削ります。
削り途中。加工面に削った跡が残ります。
左テンプルのみ削って広げた状態。
左右とも削った状態。
最初と比べてかなりテンプル幅が広がりました。
当然ながら、元には戻せません!

最終仕上げをして終了。
作業時間約60分です。
出来上がり加工面。

見栄えを完璧にするお約束は出来ません。
良くご検討下さい。
ノンクレームでの依頼時のみお受けいたします。

加工料金 :  レンズご購入時: ¥3,000
単独依頼時: ¥5,000
※特殊品は要見積り
加工納期 :  2〜4日または電話連絡
※リスクをご理解いただき、良くご検討の上、
 ノンクレームでのみお受けいたします。
 推奨しない緊急処置案です。

ページ上へ 前のページへ