フレーム加工の情報ページ > オークリー加工例 > ジュリエットの枠替え加工
オークリー「ジュリエット juliet」の枠替え加工
2015年8月4日
 お客様からの依頼で、「オークリーのプリズムレンズ」を「ジュリエット」で使えるように加工させて頂きました。
●使用レンズ
 今回は「オークリー ハーフジャケット用のプリズムレンズ ロード」を使用しました。
 レンズは8カーブあるので「ジュリエットのカーブと同じ」なので問題ありません。レンズの大きさも大丈夫そうですが、レンズに書かれているロゴは、切れてしまいそうです。
  ジュリエットは、レンズをはめる溝が細く、深いため、度なしレンズでも「ステップ加工(レンズの端を薄く削る加工)」が必要となります。今回のレンズは見え方を考慮した設計(Dセンター)がされており、レンズの内側が少し厚くなっていましたが、問題なく(ステップ加工なし)で加工できました。
●加工後



●注意点
  • 枠替え加工なので、元のレンズの大きさが、枠替えするレンズの大きさよりも大きな必要が有ります。
  • 「ジュリエット」のフレームカーブは8カーブあります。フレームカーブに合ったレンズを選択する必要があります。
  • 「ジュリエット」は、レンズをはめる溝が細いため、度無しでも厚みのあるレンズの場合は、ステップ加工(レンズの端を薄く削りこむ加工)が必要となります。
  • 枠替え加工時に、表面のコーティングが剥がれる、レンズが割れる、などが起こる場合があります。(特に使用していたレンズの場合など)レンズの破損については保証出来ないことをご了承下さい。
  • 加工の可否を調べるため、2〜3日お預かりする場合がございます。ご了承下さい。
●加工代・納期
  • レンズ、フレーム持込で加工代金は¥8,000〜10,000(税別)
    ※特殊な場合には見積もりとなります。
  • 納期は3日〜5日程度
  • 上記、注意点をよくご確認下さい。