フレーム加工の情報ページ特殊加工例 > オークリー THUMP
ご案内


『オークリーTHUMP』のレンズ加工依頼が多くあります。
加工について説明させていただきます。

●ワンポイント ●特殊形状 ●ふち無し ●ハイカーブレンズの扱いとなります。

※特殊構造・耐久性・加工方法などから、度付レンズへの交換を推奨していません。
 下記の条件付で加工をお受けしています。

ご注意

※フレーム本体の販売はしていません。
※構造上、止め部を2mm程まで薄く擦り上げます。
 破損防止・耐久性などからはポリカーボネイト・1.53素材などをお勧めします。
※デザインイメージが変わりますが、側面の見え具合からは球面レンズを推奨します。
(既存のレンズは8カーブです)
※ミラー加工はお受け出来ません。(内面マルチのみ)

料金(2枚一組)
レンズ価格+¥10,000(加工代)    
オプション(カラー・内面マルチなど)別途加算

加工方法
当店加工機(ニデックME1000)一時加工
手作業にて完成させます。(『れんず屋』では)

出来上がり
度数によりレンズが厚くなると内側を削ります。
手作業部分が多い場合、機械加工のように左右対称には出来ません。

加工情報!
お客様の加工依頼が有ったので、撮影の許可を頂き作製いたしました。
フレーム:OAKLEY THUMP
       (オークリーサンプ)
 MP3プレイヤー付サングラス
オリジナルのレンズ(度ナシ) オリジナル裏から見た所 レンズを専用ネジで固定
固定部分のクローズアップ 加工したレンズ(度つき)
複雑な形をしています。
普通の加工機では作れない形です。
固定部の段差は度付なので厚みをなくす為
レンズ表面を薄く削る。(削らないと合わせ目が浮く)
ME1000の能力が発揮。
複雑な加工をこなしてしまう機械なのです。ME1000の詳しい説明はこちらから
ME1000だけでは100%出来ず、手作業が加わりやっとフレームに装着可能になります。
フレームに乗せた所です。
レンズがしっかり合いました

レンズタイプ別加工例
球面レンズ 高カーブレンズ 
非球面レンズ
特殊フレームハーフジャケットタイプ加工一例

特殊フレームに8カーブレンズを加工した一例です。
他にも商品がございますので、お問合せ下さい。
お問合せ窓口 TEL03-3358-8888 平日11:00〜19:00(日曜・祭日休業)
メールでのお問合せは、見積もり・お問合せのページよりお願い致します。
ページ上へ 前のページへ