ふちなしフレーム・ナイロールフレームは、レンズ玉型を変更して
作成することが出来ます。
レンズの形を変更できる部分には制限があります。
ふちなしフレーム・ナイロールフレームともに、レンズの形を変更できる部分と、出来ない部分があります。玉型を変えることができる部分は、フレームのない部分のみとなります。
  • ナイロールフレームのレンズ玉型変更

    「ナイロールフレーム」の場合、フレームのレール部分の形状を変えることは出来ません。また、レンズのサイズ(横幅)を変える事もできません。(横にフレームがないナイロールフレームの場合は、レンズのサイズを変えることが出来ます。
  • ふちなしフレームのレンズ玉型変更

    「ふちなしフレーム」の場合、レンズの固定が出来なくなるため、フレーム受け部分のレンズの形を変えることが出来ません。(受けのないタイプの「ふちなしフレーム」はある程度自由にレンズ玉型の変更が出来ます。)
レンズ玉型変更の金額
レンズの玉型を変更してレンズ交換する場合は、レンズ代金 + ¥3,000 となります。
※ふちなしフレームは、別途加工代金(¥3,000 〜 ¥5,000)がかかります。
    レンズ玉型変更の流れ
  • 『レンズの縦幅や横幅を短くしたい』など、お客様の希望により、レンズ玉型データを作成、ご確認用の見本レンズを作成します。
  • 見本レンズをご確認いただきます。
    ※見本レンズのレンズ玉型の修正があり、再度見本レンズを作成する場合には、追加料金(¥1,000/一枚)をいただきます。
  • 本番レンズで作成します。
    ご注意!
  • 本番レンズ作成後の再加工は受けていません。新規扱いとなります。
  • トラブル防止のため、ノンクレームを条件として実施しています。細部にこだわる細かいご依頼は受けていません
レンズ玉型変更一例
  • 遠近レンズを使用するため、レンズの縦幅を長く変更
    遠近両用レンズでも楽に使えるように縦幅を長くしました。レンズの下部分が伸びたため、鼻パットの調整が必要となる場合があります。
  • 中近レンズを使用するため、縦幅を長く変更、顔幅に合わせて横幅も変更
    もともと縦幅のあるフレームでしたが、より縦幅が合ったほうが使いやすい中近レンズを使用するため、縦幅を長くしました。また、顔幅にあわせてレンズサイズ(横幅)も変更しました。全体的に大きくイメージを変えてあります。フレームに対して、レンズを上下に大きくしたので、鼻パットの位置も安定しています。
  • 縦幅を短くしました。
    縦幅が長いフレームのレンズ縦幅を短くしました。縦幅を短くする場合にはイメージが大きく変わりやすくなります。鼻パットの位置、大きさが気になる場合があります。